忍者ブログ

ブログ

南武線沿線の美味しいラーメン情報

南武線 とんこつラーメン

南武線沿線でとんこつラーメンを堪能するなら「博多っ子」というお店がオススメです。


いわゆる博多ラーメンをネギだくにしたようなビジュアルの長浜ラーメンのお店で、基本的に博多とんこつ系だと思ってOKです。


ただしスープは非常に飲みやすく、博多ラーメンが厳しい人でも長浜ラーメンなら食べられるという方もいたりします。


そんなアッサリとんこつラーメンが溝の口で根強い支持を受けていたりするんです。


川崎・立川に並ぶ勢いで激戦区化している溝の口はこれから目が離せませんね。

 


営業時間(無休)
11:00~3:00


南武線 味噌ラーメン

南武線沿線で味噌ラーメンを堪能するなら武蔵小杉の「丸仙」で間違いないでしょう。


こちらの看板メニューは「支那そば」と「ねぎみそラーメン」、迷わずねぎみそラーメンを食べてみてください。


スープは濃い目ですがアッサリとしていて、コクが欲しいなら卓上のニンニクがオススメですから後の予定を気にしないなら是非入れてしまいましょう。


トッピングは白髪ねぎと細切りチャーシューの和え物で量もあるので麺と一緒にどんどん食べてしまってください。


シャキシャキ+辛味のトッピングとスープ+麺の織り成す一体感で味噌ラーメンを堪能できる一杯です。

 


営業時間(木曜定休)
月~金 11:00~15:00/17:00~22:30
土日祝 11:00~22:30



南武線 塩ラーメン

南武線沿線で塩ラーメンのお店を探しているなら溝の口の「和蔵」がオススメです。


二郎インスパイアのお店というイメージが強いですが、実のところインスパイア系ラーメンでもキレイに作っていたりしますし、味わいが全くその手のスープと違います。


で、インスパイア系含め醤油と味噌は同一のスープですが塩は特製スープとなっているのでお店で普段から出ている一杯とは味が違うというのがミソです。


魚介ベースの塩スープは非常にアッサリしていて塩ラーメンを食べている感がとてもあります。


麺は中太麺でその他の麺と共通のようですが、これが結構なマッチをしているのがなかなか意外というラーメンでした。

 


営業時間(無休)
11:00~24:00


南武線 しょうゆラーメン

南武線沿線でしょうゆラーメンの激戦区といえば立川です。


その立川で衝撃のしょうゆラーメンを出しているのが「楽観」というお店で、醤油ラーメンの常識を覆す一杯を提供しています。


見た目はとても醤油が濃そうな色合いですが、その色に反してスッキリとした味わいで油もくどくなく高級料亭の出汁を飲んでいるような贅沢さを感じます。


王道の醤油スープを更に際立たせるのが加水少なめのストレート麺で、しっかりとスープを絡めて口元にその味を運んでくれます。


トッピングも非常にシンプルですが、これだけあれば十分というラインナップで見事にバランスが取れた一杯といえますね。

 


営業時間(無休)
11:00~25:00



南武線 ラーメン 人気

南武線沿線はラーメンの人気店が多く、川崎に限らず隠れた激戦区になっています。


そんな中でも一番人気といっても過言ではないのが「らーめん いのうえ」の煮干しラーメンです。


濃厚煮干しが苦手でない限り一度は必ず行ってもらいたい、そう言えるくらいの一杯が堪能できます。


シンプルな味わいのトッピングが支える濃厚煮干しスープはこれでもかというくらい煮干しが出ていて、苦味も感じるものの嫌にならない仕上がりになっています。


濃厚なスープだとあまり麺が進まないケースも多いですが、ここのラーメンは大盛りでも替え玉でも幾らでも食べられる気がしてくる一杯なんです。

 


営業時間(月曜定休※祝日の場合は火曜休み)
11:00~14:30